JA111L不時着事案 状況報告書

2014年5月12日(月)のJASトレーニング機(エクストラ300L型・JA111L)不時着事案につきまして、下記の通り概要をお知らせいたします。



○機 体  エクストラ式EA300L型(JA111L)
○搭乗者  会員男性2名
○飛行概要 ふくしまスカイパーク ローカルフライトにて飛行トレーニングを実施していた。

当該機は、午前9時40分過ぎ、ふくしまスカイパークを離陸し、同飛行場周辺で飛行トレーニングを行った後、10:15頃、ふくしまスカイパークへ着陸するため通常の着陸経路に進入。
同着陸経路にて飛行場へ帰投途中、エンジンに不調を感じ、このまま飛行を継続するよりも、飛行経路近くの空き地に着陸することが安全と判断し、飛行場北東の空き地(畑)に不整地着陸を行った。
搭乗者していた男性2名ともに軽傷。

翌13日(本日)より、国土交通省・運輸安全委員会の専門官が当該事象について調査を行っております。
運輸安全委員会の調査及び原因究明に対し、今後の航空安全のために全面的に協力して参ります。
当該事象の正式な原因報告につきましては、運輸安全委員会から出される正式な報告書をもって発表させて頂きます。

2014年5月13日