講師メッセージ
Message

特別講師
室屋義秀

国内ではエアロバティックス(曲技飛行)の啓蒙活動の一環として、全国各地でエアショーを実施。
全日本曲技飛行競技会の開催もサポートするなど、スカイスポーツ振興のために地上と大空を結ぶ架け橋となるべく活動中。
2009年より、3次元モータースポーツ・シリーズ「レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ」に参戦、2016年千葉大会で初優勝。2017年アジア人初の年間総合優勝を獲得。
また、地元福島の復興支援活動や子どもプロジェクトにも積極的に参画している。
福島県「ふくしまスポーツアンバサダー」。

航空宇宙分野は、今後数十年、発展成長していくと注目されています。
しかし、日本の航空産業分野は、世界最先端の技術を有しながらも、世界との競争力に強みをみせることができていないのが現状です。
環境整備や人材育成など、取り組まなければいけない課題はたくさんあります。

我々、パスファインダーは、国内外の数多くの航空イベントの制作/調整/実施実績を持っています。
また、国際的なスカイスポーツ競技にも参戦しております。
そんな経験を通じて、日本と世界の航空標準の違いや空への考え方の違いを目の当たりにしています。

航空宇宙界において、グローバルリーダーシップを発揮する若い日本人、
未来の航空文化・産業を担う、「航空人」の育成は、
これからの日本の航空界、ビジネス界の発展に不可欠な、開拓すべき重要なミッションです。

このプロジェクトが目指すものは、日本における、スカイスポーツの発展、パイロットの増加、
航空への興味喚起のボトムアップだけではありません。
地上を離れ、大空へ挑むこと。
それは、地上では想定しえない、過酷な条件・状況。これらにチャレンジする気持ち。
そんな航空に深く接することで、参加者の人生観・世界観・価値観の変化につながることを目指しています。

グローバルで、先見的で、フロンティアでクリエイティブな発想を持つ人物。
自らの力で新たな物事を創り出し、推進していくリーダーシップを発揮できる人材。

このような視点を持った人物は、まさにこれからの日本に求められる人材であり、
この「芯」となる部分は、航空界に限らず、
あらゆるジャンルの業種・職種で求められるものです。
このプログラムを通じて、
日本で、世界で、活躍する強い日本人の育成することが真の目的です。

page top